虫歯の応急措置について

虫歯は自然治癒する事がなく、時間の経過とともにどんどん虫歯が進行し、悪化してしまいます。
そのため歯の違和感に気づいたら、出来るだけ早く歯科医院で治療を受ける事をオススメします。

 

しかし仕事が忙しいなど、なかなか行きたくても行けない状態が続き、痛みがひどくなった場合の応急措置について紹介します。

 

虫歯になった後でも、出来るだけ口内は清潔な状態を保つようにして下さい。
虫歯がある部分は、歯ブラシでブラッシングするのも痛いという場合は、洗浄効果の高いうがい薬でゆすぎましょう。
そして痛みがある部分を保冷剤や冷えピタで冷やして下さい。

 

冷やす事で血行の流れが悪くなり、痛みが軽減されます。
また市販の鎮痛剤は、歯痛にも効果があります。
歯科医院で処方されるロキソニンという鎮痛剤は、市販でもほぼ同じ成分のロキソニンSという鎮痛剤が発売されています。
即効性があり、痛みが軽減されるのでオススメです。

 

また痛み止めには、歯に直接塗る薬も存在します。
歯専用の鎮痛剤として有名なのは、新今治水という薬です。

 

薬にはあまり頼りたくないという人は、痛みを和らげるツボを押してみましょう。
歯痛に効くツボは、手の甲側の親指と人差し指の付け根の部分にあります。

 

虫歯の痛みが我慢出来なくなった時の応急措置を紹介しましたが、これらの方法は一時しのぎの方法です。
その間にも虫歯はどんどん進行し、悪化しているので出来るだけ早く歯科医院で治療を受けるようにして下さい。
もし、応急措置を行っても痛みが軽減せずに我慢出来ない場合は、夜間・休日救急センターを利用しましょう。

 

虫歯治療ならこちらhttp://satori-dental.com/

関連ページ

虫歯の治療
虫歯の治療
痛くない虫歯治療について
痛くない虫歯治療について
虫歯は完治しないって本当?
虫歯は完治しないって本当?

このページの先頭へ戻る