痛くない虫歯治療について

歯科医院が嫌いという人は、少なくないと思います。

 

なぜ嫌いなのかというと、子供の頃に虫歯を治療して、
痛い思いをしたという記憶が根付いているためです。

 

確かに昔の虫歯の治療は、痛みを伴うものでした。
しかし、虫歯の治療も日々進化をしています。
最近の虫歯治療は無痛治療と呼ばれ、
虫歯の治療はほとんど痛みを伴いません。

 

もちろん、個人差や、
また虫歯の進行度合いが虫歯末期の状態で、
歯を抜かなければいけない場合など、
痛みが伴う場合もあります。

 

しかし、虫歯後期ぐらいまでの進行度合いであれば、
無痛治療が可能だと言えるでしょう。

 

虫歯治療の際には局所麻酔を行います。
この局所麻酔の注射が痛いという人も中にはいますが、
歯科医院によっては注射が痛くないように、
注射の前に表面麻酔を塗ってくれます。

 

そうする事で、局所麻酔の注射も痛みを感じず、
治療中も麻酔が効いて痛みをほとんど感じる事はありません。

 

虫歯の治療は、虫歯の部分を削るため、損傷している状態です。
治療中は麻酔が効いているので痛みは感じませんが、
麻酔が切れたら痛いのでしょうか?

 

麻酔が切れて痛くなる症状であれば、
歯医者は痛み止めを処方してくれるはずです。

 

そのため、虫歯は無痛治療で痛くないという言葉は、
信用しても大丈夫なはずです。

 

歯科医院へ行きたくないと、痛い歯を我慢する痛みよりも、
無痛治療の方が全然痛みはありません。
どちらを選ぶのかは、考えるまでもありませんよね。

 

ただし、治療の腕が悪い歯医者の場合は、痛い可能性があります。
虫歯の治療で痛い思いをしたくないという場合は、
虫歯治療が痛くないと評判の腕のいい歯医者がいる歯科医院を選ぶようにしましょう。
 


このページの先頭へ戻る