こどもの虫歯について

生まれたばかりの赤ちゃんの口内には、虫歯菌は存在しません。
では、どのようにして虫歯菌が存在するようになるのでしょうか?

 

感染経路はいくつかありますが、虫歯菌はキスにより感染します。
子供が可愛いと、両親は子供にキスをするかもしれません。
実はこの時に、キスを一緒に虫歯菌が感染してしまっているのです。

 

またキスをする習慣はない、という家庭もあるでしょう。
その場合でも、子供にご飯を食べさせる際に、
スプーンを共有したり、口移しをするかもしれません。

 

そして一度虫歯菌が口内に存在してしまうと、
虫歯がない状態の時でも虫歯菌をゼロにする事は出来ません。

 

そして口内が酸性になった時、
糖質を食べた時、プラークが発生した時に、
虫歯菌が活発に増殖してしまい虫歯になってしまうのです。

 

子供の虫歯が出来るのは、親が原因です。
生後半年くらいから乳歯が生え始めます。
この生え始めが特に虫歯になりやすい時期です。

 

当然離乳期に、乳児が自分で歯磨きなんて出来ませんし、
間食が虫歯の原因だからと間食を控える事なんて出来ません。
虫歯が出来ないように、親が虫歯予防をしなければいけません。
乳児用の歯ブラシで、歯磨きの習慣をつけさせましょう。

 

歯科医院で歯磨き教室などが行われていますから、
親が子供に教える際に、間違った磨き方を教えないように、
親が一度、自分の歯磨きの方法に間違いはないか?確認してみる事も大切です。

 

乳歯が虫歯になっても、永久歯には関係ない。
そう思われるかもしれませんが、乳歯が虫歯になるという事は、
虫歯になりやすい口内環境だという事です。

 

そのままでは永久歯も同じように、虫歯になってしまう可能性が大です。
家族で通いやすいC&Cデンタルオフィスが人気です。


このページの先頭へ戻る