虫歯の症状

虫歯の症状と言われると、
歯の痛みや歯がしみるというイメージが強いと思います。

 

しかしながら、必ずしもそれらの症状が虫歯だとは断定できません。

 

例えば親知らずが変な方向に生えてしまったために、
圧迫され歯が痛む場合があります。

 

歯がしみるのも、知覚過敏の可能性もあります。
そして虫歯の進行度合いによっては、
歯の痛みや歯がしみなくても虫歯の可能性もあるからです。

 

虫歯の対策方法としては、予防する事が1番重要ですが、
虫歯になってしまった場合には早期発見早期治療が重要です。

 

なので、虫歯の症状について紹介したいと思います。
もし、1つでも当てはまる項目があれば、
歯科医院へ行き、歯科検診を受けてみましょう。
東京都内であればこちらの西新宿にある歯科がオススメです。

 

虫歯の症状は0〜4の5段階に分類されます。
まず初期の症状は、ほとんど自覚症状がありません。

 

この段階で発見する方法は、
定期的に検診を受ける以外に、発見のしようがありません。

 

中期の症状は、歯のエナメル質の内部が酸で溶け、
穴が空いている状態ですが、痛みはありません。

 

後期前半の症状は、冷たいものを食べた時に、歯がしみる状態です。
後期後半の症状は、虫歯菌により炎症が起きてしまっているので、歯が痛む状態です。

 

そして末期になると、歯が抜けてしまう恐れがあります。
また虫歯菌が血管に入り、体内に入り込み、
全身の病気を引き起こす可能性もあり、非常に危険な状態です。

 

虫歯は放置していても、自然に治る事はありません。
症状が進行してしまうと、それだけ治療が大変になり、
お金も時間もかかってしまいます。

 

歯の異変に気がついた時点で、早急に歯科医院へ行くようにして下さい。


このページの先頭へ戻る