インプラント治療

インプラント治療とは、虫歯や歯周病また外傷などで歯を失った場合に、
その部位の顎骨にチタン製のインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込んで、
それを土台にしてアバットメント(連結部)と上部構造である人工の義歯を装着する歯科の治療方法です。
この治療法は失った歯の本数に関係なく施術することが可能で、
歯を1本だけ失ったケースから全ての歯を失ったケースまで適用できる治療方法として近年広く普及してきました。
駒沢大学の人気の歯科でも、インプラント治療に力を入れています。

 

歯を失った際に一般的に行われている治療法としては、
失った歯の横に健康な歯が残っている場合には「ブリッジ」という治療、
歯がない場合には「入れ歯」という治療が行われています。
しかしこうした修復治療ではどうしても「健康な歯を削るリスク」、「発音障害やガタつき」、
また「手入れの煩わしさ」といった問題が解決できません。
そうした修復治療における問題を解決する治療方法として40年程度前に開発されたのがインプラント治療なのです。
インプラントは構造的に天然の歯に近いことから自然な噛み応えを回復することができ、
しかもブリッジや入れ歯治療の持つ問題を解決してくれます。
こうしたことからインプラントは「第二の永久歯」と言われ、
インプラント治療は優れた治療法として世界中で広く行われるようになってきました。
なお「インプラント治療には保険が適用されないことで費用が高額なこと」「費用顎の骨の厚みが5mm以下の患者に行うことは困難なこと」
といった問題も近年大きく改善され、インプラント治療は「再生治療」と呼ばれるレベルにまで進化しています。


このページの先頭へ戻る