虫歯の治療

もし虫歯ができてしまった場合には、歯科医院ではその歯をどのように治療するのでしょう。
このサイトでは虫歯の進行段階別治療方法について情報を提供します。

 

歯科では、虫歯の進行段階を5つに区分してC0からC4で表します。
この「C」は虫歯を意味する「カリエス」の頭文字を使用したものです。

 

C0は、歯の表面のエナメル質が透明感を無くして白斑や色素沈着が認められるものの、
穴があく前のまだ初期症状の状態です。
この段階では、十分な歯磨きなどで歯を再石灰化させて元の健康な状態に戻すことが出来ます。

 

C1 は、歯の表面のエナメル質だけに穴があいた虫歯の初期状態です。
痛みはありませんのが放置すれば確実に進行します。
治療は、麻酔をせず虫歯の部分を削ってレジン製の詰め物を入れます。

 

C2は、虫歯がエナメル質を突き破って象牙質に達した状態です。
強い痛みはありませんが象牙質には知覚があるので、冷たいものや酸っぱいものなどが染み始めます。
虫歯の削る部分が大きくなりますので、その部分に型をとって詰め物を入れます。

 

C3は、虫歯の後期で歯の神経である歯髄まで虫歯が進行していることで、強い痛みを感じる状態です。
歯髄炎や歯根膜炎になることが多く、耐えられないほどの激痛を伴う場合もあります。
神経を取り除く治療をしてから歯の根の中をきれいにしなければなりません。

 

C4は、歯冠部分のほとんどが無くなるだけではなく、歯根部分まで虫歯に犯されてしまった状態です。
根幹治療によって対処できる場合もありますが、それで治らない場合は抜歯しなければなりません。
歯髄が壊死しているので痛みは軽減しますが、
歯菌が血管を通って他の組織に達することで心臓病や腎臓病を引き起こすこともありますから注意が必要です。

 

虫歯になりにくくするためには矯正治療も重要です。オハナ矯正歯科クリニックに相談してみましょう。

関連ページ

痛くない虫歯治療について
痛くない虫歯治療について
虫歯は完治しないって本当?
虫歯は完治しないって本当?
虫歯の応急措置について
虫歯の応急措置について

このページの先頭へ戻る