虫歯の痛み

虫歯が痛み出すというのは、虫歯がどのような状態になったときなのでしょう。
痛みを感じるということはその虫歯がある程度進行した状態であることを意味しているのですから、
がまんしていれば自然に治ってしまうといったことにはなりません。
痛みを感じる歯では虫歯菌がエナメル質を溶かし、
象牙質かその下の組織である神経線維のほかに血管やリンパ管などが通っている歯髄にまで達してしまっている証拠と言えます。
こうなると、歯科医院で治療するしかないレベルまで虫歯が進行・悪化していることを意味しています。
痛みを伴う状態の虫歯は、歯科で使用される虫歯の進行度合いで言えばC2かC3のレベルで、
それぞれの痛みの特徴と歯科医院での基本治療は次のとおりです。
C2の虫歯は、冷たいものや温かいものが沁みて時々痛みを伴います。
象牙質まで虫歯が進行していますので、虫歯部分を削ってそこに詰め物をいれて治療します。
C3の虫歯は、何をしないでも激しい痛みを伴います。
歯髄にまで虫歯が進行していますので、虫歯部分を削ったあと歯髄をきれいにして被せ物をして治療します。
痛みを和らげたいと思ってもすぐに歯科医院へ行けないときはどうしたら良いのでしょうか?その対処法を情報提供しておきましょう。
1つ目は、虫歯の痛みに効果的な薬を使うことです。おすすめはロキソニンS・正露丸・新今治水の3品です。
2つ目は、虫歯で痛い部分を氷で冷やすことです。冷たさで、一時的ですが痛みが和らぎます。
3つ目は、痛みを和らげる「ツボ」を押すことです。そのツボは手の甲の「合谷」と手の平の「歯痛点」です。

なお、虫歯が痛いときはがまんや応急処置で済まさないで、歯科医院に出向いて治療することをおすすめします。

 

歯のお悩みはさくら歯科へ


このページの先頭へ戻る