高齢の人が虫歯になりやすい理由

若い頃は全然虫歯がなかった人でも、高齢になるに従い虫歯になる人が増えます。
ではなぜ高齢になると、虫歯になりやすくなるのか、その理由について紹介します。
まず高齢になると虫歯の進行が早く、すぐに重度の虫歯になってしまいます。

 

若い頃は、歯の表面はエナメル質で覆われています。このエナメル質が虫歯菌から歯を守ってくれています。
しかし高齢になると、長い年月の間に歯磨きや歯を咀嚼し続けた事で、エナメル質が消耗し薄くなってしまいます、
そのためエナメル質が虫歯菌から歯を守る事が出来ずに、虫歯の進行が早まってしまうのです。

 

さらに加齢にともない、歯肉は痩せて歯茎が下に下がってしまいます。
そのため今まで歯肉に守られていたエナメル質に覆われていない歯の根元の部分がむき出しになってしまいます。
なので特に歯の根元の部分が虫歯になりやすいと言えるでしょう。

 

他にも殺菌効果がある唾液も、高齢になると分泌量が減少してしまいます。
そのため食事の後に口の中が酸性の状態から、なかなか中性の状態に戻らず、歯の表面が溶けて虫歯になりやすい環境を作り出してしまいます。

 

さらに過去に虫歯や歯周病が原因で、歯を数本失い部分入れ歯やインプランを治療を受けている人もいるでしょう。
部分入れ歯の場合は、留め具の部分に汚れが溜まりやすく、インプラントの場合は神経が抜かれているので痛みなどの異変に気づくのが遅れてしまいます。

 

人工歯の場合、自分の歯と比べてメンテナンスが大変で、虫歯になりやすいと言えます。
このように高齢になると、虫歯になりやすい条件が揃ってしまうので、若い時以上に虫歯にならないように気を付ける必要があります。

 

 

 

関連ページ

虫歯の症状
虫歯の症状
虫歯の痛み
虫歯の痛み
虫歯の予防について
虫歯の予防について
虫歯の条件とは
虫歯の条件とは
こどもの虫歯について
こどもの虫歯について
虫歯の原因と虫歯のレベル
虫歯の原因と虫歯のレベル

このページの先頭へ戻る