根管治療について

虫歯治療の中でも、根管治療と呼ばれる治療法があります。
根管治療は、どのような時に行われるのかというと、かなり虫歯の進行状態が進んだ重度の虫歯の時です。

 

虫歯菌が神経にまで到着し、歯が激しく痛んだり、歯肉が腫れてしまった際に、症状を改善するために根管治療を行います。

 

根管治療はどのような治療が行われるのかというと、まず根管内の歯の神経や汚れを洗浄します。
そしてこれ以上虫歯菌が進行しないように、殺菌消毒を行います。

 

洗浄と殺菌消毒をしただけでは、根管内はキレイになりましたが、空洞の状態です。
そのため薬を詰めて虫歯の再発を予防します。
そして薬を詰めた状態で、残っている歯根を土台にして、かぶせものを装着します。
かぶせものの役割は、虫歯の再発を予防するだけでなく、噛み合わせを考慮して作るため歯を失い日常生活で支障が出ないようにフォローします。

 

根管治療は、腕のいい歯科医に治療してもらうと、自分の歯の代わりとして長く機能してくれます。
もし根管治療がいいかげんだと、セラミックのかぶせ物で見た目はキレイになっても、再発のリスクが高いと言えます。
再発してしまうと再度、かぶせものを外して根管治療を行わなければいけないので、虫歯治療の中でも重要度の高い治療だと言えます。

 

根管治療は難易度が高い治療で、歯科医の腕の良さに加えて、歯科医院の設備が整っている事も成功の条件となります。
なのでマイクロスコープや歯科用CT撮影など、精密な治療を行える設備が整っている歯科医院を選ぶようにしましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る