虫歯は完治しないって本当?

虫歯は完治しないって知っていますか?
虫歯は完治しないと言われると、虫歯の治療が意味がないと思ってしまう人もいるかもしれません。

 

ですが完治しないから放置してもいいという意味ではありません。
虫歯は自然治癒で治る事はないので、放置すればするほど、虫歯の進行が進み、歯や歯茎の症状が悪化してしまいます。

 

そのため虫歯の治療とは、虫歯がこれ以上悪化しないために行われます。
虫歯になってしまった部分を削ったり、虫歯菌を消毒し歯に被せモノをしたりします。
ではなぜ治療を行うのに、完治はしないのかというと、一度虫歯になってしまうと、虫歯になる前の歯の状態に戻せないからです。

 

また注意が必要なのは、虫歯は治療をして虫歯の進行を止めても、再び進行してしまう事が少なくありません。
被せモノをした時に、消毒しても虫歯菌が残っていた可能性もあります。
歯と被せモノの隙間は、磨き残ししやすく、口内で虫歯菌が増えてしまう要因となります。

 

だからこそ治療が終わっても、虫歯が再発するリスクを抑えるために、予防歯科として定期検診やクリーニングを行う事をオススメします。

 

マークスタワーデンタルクリニックでできる最先端治療

 

あと先ほど、虫歯は自然治癒する事がないと言いましたが、厳密には初期の虫歯であれば、再石灰化を促す事で自然治癒する事が可能です。

 

歯を虫歯菌から守っているエナメル質は、酸に弱く食事をして口の中が酸性になると溶け始めてしまいます。
この状態がどんどん進みエナメル質に穴があくと、虫歯になります。

 

ですが穴があくまえに、溶けたエナメル質を元に戻す再石灰化を行うと自然治癒するという訳です。
自然治癒を促すためには、口の中の汚れをしっかり取り除くため、歯磨きやフロスを行います。
人の唾液には、歯にカルシウムイオンとリン酸イオンを補給し、再石灰化を促す効果があります。

 

なので唾液が減少している人は、歯の健康のために、唾液の分泌量を増やす生活習慣に改善する必要があります。

関連ページ

虫歯の治療
虫歯の治療
痛くない虫歯治療について
痛くない虫歯治療について
虫歯の応急措置について
虫歯の応急措置について

このページの先頭へ戻る