虫歯の原因と虫歯のレベル

虫歯になる原因は、歯の表面にプラークがつき、プラークをエサに虫歯菌が活発になります。
虫歯菌の中でも最も感染力が強い菌がミュータンス菌と呼ばれる菌で、実はこの菌は母親から子供に感染する菌です。
そのため親が虫歯が多い人は、子供もミュータンス菌が人より多く存在するので、虫歯になりやすいので注意が必要です。

 

ノア歯科クリニック中目黒http://www.noah-dental.com/

 

そして虫歯菌が酸を発生し、歯の表面のエナメル質を溶かす事で歯に穴が開いてしまいます。
虫歯の進行状況によって、レベルがあり、最も軽いC1の状態が歯に小さな穴が開いていますがまだ自覚症状はありません。
そしてC1の状態をそのまま放置しておくと、虫歯は進行し、C2と呼ばれるレベルになります。
C2では、虫歯はエナメル質ではなく、もっと歯の内側の象牙質にまで穴が進行しています。

 

C2の時点で、冷たいモノを食べると染みるようになり、自覚症状が出てきます。
そしてさらに虫歯が進行すると、次はC3と呼ばれるレベルに到着します。
C3では、虫歯は歯の神経にまで届き、歯が炎症を起こしてしまうので、激しい痛みを伴います。

 

さらに炎症が進行すると、神経は腐ってしまうので虫歯の治療にかなり時間がかかってしまいます。
そしてC4のレベルになると、もう歯は失われてしまい、残っているのは歯根の部分だけです。
神経すら死んでしまっているので、痛みは感じませんが、膿がたまってしまいます・
C4になると、もう治療は難しい状況です。

 

虫歯は自然治癒で治る事はありません。
そして少しでも虫歯が進行する前に、早期発見早期治療が望ましいと言えます。
なので定期的に歯の検診を受ける事で、C1レベルの自覚症状のない虫歯を発見し、治療をしてもらいましょう。


このページの先頭へ戻る